FC2ブログ
出合のエンジェルおいろけ どっとこむ。おいろけ どっとこむ.oiroke com官能小説
おいろけ どっとこむはアダルトな彼方と貴女の素敵な出会いを応援するぶろぐサイトです。大人のおいろけ どっとこむでセレブな出会いを。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
恋愛サイトランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/12/08(月)   CATEGORY: 官能小説
恋愛サイトランキング
「官能小説」コスプレ男。俺は彼女のアイにコスプレさせるのが大好きだ。完
「かわいいよ・・・。これはアイ専用のコスプレ衣装だから、びちゃびちゃにおまんこ濡らして汚してもいいからね。」
耳元でささやくと、アイは真っ赤な顔で、
「やだっ・・・。エッチなこといわないで!」
俺を睨んできた。
童顔のアイが睨んでも、萌え萌えなだけだ。
耳をしゃぶって俺のよだれまみれにしてやると、アイはガマンできないように目を閉じて、うっとりした表情になった。
「ほら、しっかり立ってないと、危ないよ。」
体操着をまくりあげて顔を突っ込み、ボリュームたっぷりの巨乳をぺろぺろと舐める。
感じすぎてアイがへたりこみそうになるので、細いウエストをがっちりと両手で抱きしめるように支えて、下乳がよだれでべたべたになるくらい舐めまわした。
体操着の上から俺の頭を押さえているアイは、切なそうな声で、
「お願い・・・もうベッドに行きたい・・・。」
とねだってくる。
せっかく体操着にコスプレしているのに、ベッドに行ってしまっては雰囲気がでないので、俺はフローリングの床の上に、アイを押し倒した。
体操着をまくりあげて、巨乳を丸出しにして、今度は上乳部分をたっぷりと舐める。
一番敏感な乳首を舐めてもらえないので、アイはふるふると首を左右に振った。
おっぱい全体をしつこいくらいに舐めたところで、いよいよぴんぴんに勃起している乳首をちろりと舐める。
たったそれだけで、アイはびくんと体を反らせた。
ちゅぷっ・・・ちゅっ・・・ちゅくっ・・・。
じらした分、じっくりと乳首を舐めて、しゃぶって、甘噛みしてやると、アイはひっきりなしにあえぎ声をあげながら、体を震わせた。
念入りに巨乳を愛撫した後で、アイの白い足を大きく開かせると、ブルマに開けられたいやらしい穴から、愛液があふれてつやつやと光っているおまんこが覗いた。
「たっぷり濡れちゃってるねー。こりゃー、アイのおまんこ汁がブルマに浸み込んでるよ。」
俺が言葉責めすると、アイはあわてて、両手でおまんこを隠した。
「今さら隠したって、もうみちゃったよ。アイのおまんこがさわられてもいないのに、ぐっちゅんぐっちゅんに濡れてたって。」
アイの指の隙間からおまんこを舐めてやると、すぐにアイの手には力が入らなくなる。
俺はアイの左手を掴んで巨乳の上に置き、右手をクリトリスの上にあてがってやった。
「邪魔しないで、自分でも気持ちよくなりなよ。乳首とクリトリスいじりながら、手マンされるの、大好きだろ。」
紅潮しているアイの顔をじっとみながら、おまんこに指を挿入すると、アイは俺にいわれるままに、自分の手で乳首とクリトリスをいじりはじめた。
コスプレ姿でオナニーしてる中学生みたいで、鼻血が出そうになる。
どうにかアイが一回イくまで、手マンを続けて、イった余韻でまだひくついているおまんこに、俺の勃起ちんぽをぶち込んだ。
「ああんっ!はぁっ・・・くぅんっ!」
膝裏に両手をあてて、思いっきり持ち上げてやると、おまんこの奥にちんぽがあたって、気持ちいいらしい。
俺もちんぽの根元までアイの熱いおまんこに包まれて、きゅうきゅうしめつけられているうちに、早くもイきたくなってきてしまった。
激しくピストン運動しながら、アイの膣の中の感じるポイントを集中的に責める。
「やっ・・・もうイく・・・イくのっ!」
今まで以上におまんこがキツくしまったので、俺も射精をこらえきれなくなって、アイのおまんこからちんぽを引き抜き、巨乳の上に精液をぶちまけた。
まくりあげられたままの体操着に、精液まみれになった巨乳、そして、愛液でぐちゅぐちゅになってひくついているおまんこ・・・。
あまりにいやらしすぎる光景に、俺はごくりと生唾を飲んだ。
今日はまだまだ勃ちそうだ。
今度はスクール水着を買おうと思いつつ、俺はまたアイの体に覆いかぶさった。




完全な大人のためのセックスフレンド出会い系サイト!!
既婚者の女性が多くお互いに安心して割り切って遊べます。
秘密厳守の男性にはお勧めのサイトです!
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[ TB*0 | CO*50 ] page top
DATE: 2008/11/17(月)   CATEGORY: 官能小説
恋愛サイトランキング
「官能小説」コスプレ男。俺は彼女のアイにコスプレさせるのが大好きだ。
アイとラブホテルに行く度に、違うコスプレの衣装を借りて、愉しんでいた。

童顔で巨乳という男の理想を現実にしたようなアイのルックスは、セーラー服とか体操着とかスクール水着にコスプレすると、破壊的な威力を発揮する。

普段着で歩いていても、時々、中学生に間違われるアイが、セーラー服にコスプレしようものなら、とてもハタチをすぎているようには見えない。

大きな声ではいえないが、ロリコン傾向のある俺にとって、毎回、素直にコスプレしてくれるアイは、最高の彼女だった。

ついに、ラブホテルでコスプレ衣装をレンタルするだけじゃ、物足りなくなって、アダルトショップの通販で体操着とブルマのセットを買ってしまったときも、ちょっと呆れてはいたものの、すぐにコスプレしてくれた。

通常よりも薄い素材の白い体操着に、紺色のブルマ・・・。

このブルマは、おまんこの上の部分に穴が開けられていて、コスプレしたまま、ちんぽを挿入できるようになっている。

まさに、男の欲望のために作られたコスプレ衣装なのだ。

「裸の上に、直接このコスプレ衣装を着て。」

俺にいわれた通りに、パンティもブラジャーもつけずにコスプレしたアイは、あまりの恥ずかしさにもじもじしながら俺の方に来た。

巨乳を隠すように両手で押さえているので、ディープキスしてどけさせると、ぴんと尖った乳首が体操着をぷっちりと押し上げている。

体操着の上から、指先で乳首をくりくりといじってやると、敏感なアイは体をくねらせて、太ももをすりあわせた。

全国の欲望と時間を持て余してる人妻達がいっぱい!
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2008/11/11(火)   CATEGORY: 官能小説
恋愛サイトランキング
官能小説「出会い系女性体験談オナニー]1
オナニーばっかりしてるのに飽きたので、出会い系で男を捜すことにした。

「すぐヤれて、後腐れなくて、しっかり避妊してくれるガテン系のマッチョな男の人いませんか?」と書き込みしたら、マッチョな人からもそうでない人からも、たくさんメールがきた。

20代後半から30代前半に絞り込んで、すぐに会えそうな男に返信する。

顔と勃起したちんぽの写メを送ってほしいと書いたら、半分くらいの男がちゃんと写メを送ってくれた。
一番たくましい感じで、ちんぽが大きそうな男を選んで、これから会いましょうとメールすると、国道沿いのファミレスで拾ってくれることになった。

待ち合わせたファミレスに向かうと、途中でトラックにクラクションを鳴らされた。

振り返ると、写メ通りの精悍な男が運転席でにやけている。

「アイちゃん?俺、トオル!とりあえず、隣に乗って。」

トラックの運転手さんだけに、ムキムキの筋肉と男っぽさがたまらない。

日に焼けた浅黒い顔も、汗臭い感じもすごくよかった。

誘われるままに、トラックの助手席に乗り込んで、ラブホテルに向かってくれるのを待った。

「アイちゃんはオナニーとかする?」

運転しながら、トオルがいきなりきいてきた。

「うん。今、彼氏いないから、けっこうオナニーしてるかも。」

どうせ今日限りの関係なので、私は赤裸々に告白した。

「なら、そこでオナニーしてみせてよ。」

ラブホテルに着くまでヒマだし、オナニーしておまんこをほぐしておけば、すぐにちんぽを入れてもらえるかと思って、私はオナニーすることにした。

スカートをまくりあげて、パンティに手を入れて、自分の指でおまんこをいじる。

恥ずかしさと興奮で、おまんこがみるみる濡れてきて、愛液が指に絡み付いてきた。

「パンティ脱いで、足開いてくれないと、よくみえないよ。」

「えっ、でも、外からみえちゃうし・・・。」

トオルは私の膝に大きな手をぽんと置くと、
「大丈夫だって。トラックは車高が高いから。ね!」

あっさりいった。

渋々パンティを脱いで、少し足を開くと、ちょうど信号待ちで停車した。

「そんなおしとやかな開き方じゃなく、こうやってM字開脚してみせて。」

ぐいっと足を持ち上げられて、座席の上でM字開脚させられた。

おまんこがぱっくり開いて、丸見えになってしまう。

「やだっ!こんな・・・恥ずかしいよ!」

「オナニーしてればみえないから、早くオナニーしなよ。」

にやにやと笑っているトオルの目が欲望でぎらついていて、私は逆らえずにオナニーを再開した。

右手の人差し指でクリトリスをいじりながら、左手の中指を膣口からゆっくりと中に入れる。

興奮しているせいか、おまんこが愛液でぬるぬるになっていて、すんなり指が入ってしまった。

「ほら、もっと指を増やして。よーくおまんこほぐさないと、俺のちんぽ入れたとき、痛いよ?」

確かに、写メでみたトオルのちんぽはかなり大きかった。

一度おまんこから指を抜いて、二本揃えてしゃぶって濡らして、おまんこの中に挿入した。

「エロいね!アイちゃんの愛液はどんな味?」

トオルにからかわれながらオナニーするのは、すごく恥ずかしくて、イきそうなのになかなかイけない。
もうちょっとでイくっていうときに、車が停まったので、周りをみると、定休日のホームセンターの駐車場だった。

てっきりラブホテルに行くもんだと思っていた私は、びっくりしてトオルをみる。

ズボンを膝までおろして、勃起ちんぽをむき出しにしたトオルが私の腕をつかんで、引き寄せた。
ハンドルに体を預けるようにもたれて、トオルの足をまたいで膝をつき、おしりを左右に思いっきり開かれるようにして、後ろからクンニされた。

ぴちゃぴちゃと音が響いて、恥ずかしくてたまらなくなる。

「こんなところで・・・誰かにみられたら・・・。」

「誰もこないし。きたって、みせてやったらいいさ。アイちゃんのぐちょぐちょおまんこ!」

つづく


完全な大人のためのセックスフレンド出会い系サイト!!
既婚者の女性が多くお互いに安心して割り切って遊べます。
秘密厳守の男性にはお勧めのサイトです!
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2008/11/04(火)   CATEGORY: 官能小説
恋愛サイトランキング
官能小説「出会い系女性視点体験談コスプレ]5
「こんなにおまんこびちゃびちゃにして、許してはないだろ。」

おまんこに中太バイブを押し込まれて、ますますおなかが苦しくなる。

苦しくて、気持ちよくて、おかしくなりそう・・・。

クリトリスにもローターをあててやろうな。イったら、アナルを解放してやる。」

今にもアナル栓から飛び出しそうなくらい、熱いものが腸内に渦巻いている。

クリトリスにローターを押し付けられて、おまんこにバイブを咥え込まされて、
右の乳首をちゅうちゅう吸われて、私は頭が真っ白になるくらいイってしまった。

「はあっ・・・はあっ・・・イきました・・・。」
「イく前に、ちゃんといわなくちゃ、わかんないだろ。」

今度は左の乳首をしゃぶられて、おまんこに咥え込んだバイブを激しく出し入れされると、
私はすぐにまたイきたくなって、「イきますっ!イっちゃいますぅっ!」

大きな声で叫んだ。

おまんこからバイブが抜かれて、代わりにトオルのちんぽが入ってきた。

イく直前にちんぽを挿入されたせいで、私のおまんこはひくひくしながら、
トオルのちんぽをしめつけてしまう。

軽くイったものの、全然物足りなくて、私はトオルがちんぽを動かしてくれるのを待った。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/10/15(水)   CATEGORY: 官能小説
恋愛サイトランキング
官能小説「出会い系女性視点体験談コスプレ]
出会い系で出会ったトオルとコスプレして、セックスを愉しむのが最近のマイブーム♪
非日常的な格好にコスプレすると、違う自分になったみたいで、思いっきり感じまくったり、
はしたないことをおねだりしたりできる。

トオルはかなりのコスプレ好きで、いろんなコスプレ衣装をたくさん持ってた。
超ミニのセーラー服とかナース服、体操着とブルマ。

お姫様みたいなレースとフリルのドレスっぽいコスプレ衣装やチャイナドレス。

トオルがラブホテルに持ってきたコスプレ衣装を着て鏡をみると、ちょっと恥ずかしいけど、すごく嬉しくなる。
だって、どのコスプレ衣装を着ても、似合ってるし。

よだれをたらしそうな興奮した顔で、迫ってくるトオルをみていると、ぞくぞくしてくる。


SNSと出会い系のいいところばかりを集約した新しい最先端のコミュニティー
スタートから早々と10万人を突破!!
カスタマーサポートも安心の24時間年中無休での対応です
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/10/13(月)   CATEGORY: 官能小説
恋愛サイトランキング
官能小説「中出し女」 官
まるでおねだりするようないやらしい格好だったけど、私は素直によつんばいになって足を開き、
おしりを突き出した。

おしりをがっちりとつかまれて、後ろからゆっくりとちんぽを挿入される。

じれったいほどのんびり入ってきたちんぽは、なかなかの大きさで、
私のおまんこがいっぱいになった。

「はあっ・・・若いおまんこはキツくて気持ちがいい・・・。

おまんこの中がわしのちんぽに絡み付いてきて、とろけそうだ・・・。」

満足そうにため息をついているおじいさんが動こうとしないので、私は自分から腰を振った。

もたもたしていて、途中でちんぽが萎えてしまっては大変だし。

「自分からそんなに腰を振って、いやらしい娘さんだ。少し懲らしめてやらないとな。」

おじいさんは独り言みたいにつぶやくと、いきなり私のおしりを平手でぶった。

「やっ、やめてください!痛い・・・。」

おしりをぶたれるたびに、じーんとした痛みと熱いしびれみたいな快感を感じる。

ぱんぱんと真っ赤になるまで私のおしりをぶつと、おじいさんは満足そうに腰を振りはじめた。

「尻をぶたれるたびに、おまんこがひくひくして、ますます濡れてきたぞ。

娘さんはよっぽど淫乱なんじゃのう・・・。」
屈辱的なことをいわれているのに、お金ほしさと気持ちよさで、私は中出しをねだった。

「淫乱な私のおまんこの奥に・・・いっぱい精液を中出ししてください!」

「よしよし・・・今、中出ししてやるからな。」

ぶちゅうっと生温かい精液がおまんこの奥に射精されて、
小さくなったちんぽがずるりと抜けていった。

体はまだまだ不完全燃焼だったけど、中出しさせた満足感で思わず笑みがこぼれる。

帰りがけに、「わしの愛人にならんか?」といわれて、かなり悩んでしまった。


全国の欲望と時間を持て余してる人妻達がいっぱい!
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/10/01(水)   CATEGORY: 官能小説
恋愛サイトランキング
官能小説「中出し女」 2 お口がさみしいの・・・。
乳首をきゅっとつままれて、私はびくんと体を震わせた。

「おまんこも濡れやすくて、すぐにでもちんぽを咥えこめそうだ。」

骨ばった指がおまんこのワレメを上下になぞって、濡れ具合を確認した。

もしかして、勃起してくれたのかと期待したけど、ちんぽは全然反応してない。

「フェラチオさせて・・・。お口がさみしいの・・・。」
私はおじいさんのちんぽを口に含んで、舌で転がした。

普通の男なら、たとえ勃起してなくても、これだけで大きくなるのに、
いくら舐めてもしごいても、勃起しなかった。


SNSと出会い系のいいところばかりを集約した新しい最先端のコミュニティー
スタートから早々と10万人を突破!!
カスタマーサポートも安心の24時間年中無休での対応です
[ TB*0 | CO*2 ] page top
Copyright © 出合のエンジェルおいろけ どっとこむ。おいろけ どっとこむ.oiroke com官能小説. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。