FC2ブログ
出合のエンジェルおいろけ どっとこむ。おいろけ どっとこむ.oiroke com官能小説
おいろけ どっとこむはアダルトな彼方と貴女の素敵な出会いを応援するぶろぐサイトです。大人のおいろけ どっとこむでセレブな出会いを。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
恋愛サイトランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
恋愛サイトランキング
官能小説「出会い系女性視点体験談コスプレ]4
私はまだアナルをいじられたことがなかったので、ちょっと興味があった。

それで、トオルを睨みつけながら、
「誰がそんな汚らわしいものを受け入れるもんですか!」と叫んだ。

「ふーん。じゃあ、お姫様の汚らわしいところをみせてもらおうかな。」

キャミソールドレスに手をかけたトオルは、びりびりと引き裂いた。

パンティも脱がされて、裸よりいやらしい姿で立たされた私は、
アナルにローションを塗られて、浣腸器を差し込まれた。

生温かい浣腸液がアナルから腸内に入ってきて、ぐるぐると音を立てている。

アナル栓をぐりぐりと押し込まれて、私は悲鳴をあげた。

「こんなのありえない!早く手を解いて!」

おなかが苦しくて、もう演技してる余裕はなかった。

「お願い・・・許して・・・トイレに行かせて・・・。」

トオルは必死で懇願している私の顔を至近距離でみつめながら、
おまんこに指をのばした。

女性脳の秘密~TheMiiionareErosProject
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[ TB*0 | CO*0 ] page top
恋愛サイトランキング
官能小説「出会い系女性視点体験談コスプレ]3
ゆっくりとトオルが近づいてきて、私の体をぎゅっと抱きしめた。

私は体をよじって、トオルの腕から逃げようとする。

パンティの中に手を入れられて、おしりを直接わしづかみにされて、
指がじわじわとおまんこに向かってきた。

「いやっ!やめなさい!」

強気を装っているけど、声がちょっと震えてしまう。

トオルは無言のまま、指でおまんこをなぞった。

ぬるりとした愛液の感触がどんどん拡がってきて、おまんこに指を入れてほしいと思っていたら、
パンティから手が出て行ってしまった。

「淫乱なお姫様だ・・・。自分の手で俺のちんぽを受け入れる準備をするか?

それとも、俺がていねいにほぐしてやろうか?

おまんこアナル、どっちを使うかは俺次第だけどな。」
[ TB*0 | CO*0 ] page top
恋愛サイトランキング
官能小説「出会い系女性視点体験談コスプレ]2
コスプレするだけじゃなくて、一応の設定みたいのもあって、
患者と看護婦とか、先生と生徒とか、敵の兵士に犯されるお姫様とか、
コスプレ衣装に合わせたシチュエーションを二人で考えるの。

今日は囚われのお姫様が敵になぶられるっていう設定。

コスプレ衣装は薄いひらひらのキャミソールドレスに、純白のパンティ。

コスプレっていうには、すごくシンプルだけど、鏡にうつった私は、
おっぱいとパンティが透けていて、新婚の新妻みたいにいやらしかった。

立ったまま、手枷で両手を固定されて、期待と興奮で体を震わせる。

近くのローテーブルに、トオルがいやらしい道具をたくさん並べはじめた。

ピンクローター、中太バイブ、極太バイブ、
アナルパール、アナル栓、ローション、浣腸器・・・。


H目的の女性ばかりなのでスグ待ち合わせできる
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/10/15(水)   CATEGORY: 官能小説
恋愛サイトランキング
官能小説「出会い系女性視点体験談コスプレ]
出会い系で出会ったトオルとコスプレして、セックスを愉しむのが最近のマイブーム♪
非日常的な格好にコスプレすると、違う自分になったみたいで、思いっきり感じまくったり、
はしたないことをおねだりしたりできる。

トオルはかなりのコスプレ好きで、いろんなコスプレ衣装をたくさん持ってた。
超ミニのセーラー服とかナース服、体操着とブルマ。

お姫様みたいなレースとフリルのドレスっぽいコスプレ衣装やチャイナドレス。

トオルがラブホテルに持ってきたコスプレ衣装を着て鏡をみると、ちょっと恥ずかしいけど、すごく嬉しくなる。
だって、どのコスプレ衣装を着ても、似合ってるし。

よだれをたらしそうな興奮した顔で、迫ってくるトオルをみていると、ぞくぞくしてくる。


SNSと出会い系のいいところばかりを集約した新しい最先端のコミュニティー
スタートから早々と10万人を突破!!
カスタマーサポートも安心の24時間年中無休での対応です
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/10/13(月)   CATEGORY: 官能小説
恋愛サイトランキング
官能小説「中出し女」 官
まるでおねだりするようないやらしい格好だったけど、私は素直によつんばいになって足を開き、
おしりを突き出した。

おしりをがっちりとつかまれて、後ろからゆっくりとちんぽを挿入される。

じれったいほどのんびり入ってきたちんぽは、なかなかの大きさで、
私のおまんこがいっぱいになった。

「はあっ・・・若いおまんこはキツくて気持ちがいい・・・。

おまんこの中がわしのちんぽに絡み付いてきて、とろけそうだ・・・。」

満足そうにため息をついているおじいさんが動こうとしないので、私は自分から腰を振った。

もたもたしていて、途中でちんぽが萎えてしまっては大変だし。

「自分からそんなに腰を振って、いやらしい娘さんだ。少し懲らしめてやらないとな。」

おじいさんは独り言みたいにつぶやくと、いきなり私のおしりを平手でぶった。

「やっ、やめてください!痛い・・・。」

おしりをぶたれるたびに、じーんとした痛みと熱いしびれみたいな快感を感じる。

ぱんぱんと真っ赤になるまで私のおしりをぶつと、おじいさんは満足そうに腰を振りはじめた。

「尻をぶたれるたびに、おまんこがひくひくして、ますます濡れてきたぞ。

娘さんはよっぽど淫乱なんじゃのう・・・。」
屈辱的なことをいわれているのに、お金ほしさと気持ちよさで、私は中出しをねだった。

「淫乱な私のおまんこの奥に・・・いっぱい精液を中出ししてください!」

「よしよし・・・今、中出ししてやるからな。」

ぶちゅうっと生温かい精液がおまんこの奥に射精されて、
小さくなったちんぽがずるりと抜けていった。

体はまだまだ不完全燃焼だったけど、中出しさせた満足感で思わず笑みがこぼれる。

帰りがけに、「わしの愛人にならんか?」といわれて、かなり悩んでしまった。


全国の欲望と時間を持て余してる人妻達がいっぱい!
[ TB*0 | CO*0 ] page top
恋愛サイトランキング
官能小説「中出し女」 4
「わしにも娘さんのおまんこを舐めさせてくれ。」

私が上になる体勢でシックスナインすると、意外にもおじいさんはクンニが上手くて、
思わず演技ではないあえぎ声をあげてしまった。

じらすように舌がおまんこをなぞるのも、ソフトなタッチでクリトリスを舐められるのも、
すごく気持ちいい。

ちんぽを咥えたまま、くぐもったあえぎ声をあげていたら、
ついに口の中のちんぽがむくむくと勃起してきた。

嬉しくて夢中になって舌で舐めまわしていたら、しっかりと硬く完勃ちしてくれたので、
早くおまんこに咥えこみたくて、うずうずした。

「もうおまんこに入れましょう。どんな体位がいいですか?」

「よつんばいになって、顔を枕につけて、尻だけ突き出してくれ。」

出会い系サイトの裏を知り尽くす男が語る“激裏”恋愛講座
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2008/10/01(水)   CATEGORY: 官能小説
恋愛サイトランキング
官能小説「中出し女」 2 お口がさみしいの・・・。
乳首をきゅっとつままれて、私はびくんと体を震わせた。

「おまんこも濡れやすくて、すぐにでもちんぽを咥えこめそうだ。」

骨ばった指がおまんこのワレメを上下になぞって、濡れ具合を確認した。

もしかして、勃起してくれたのかと期待したけど、ちんぽは全然反応してない。

「フェラチオさせて・・・。お口がさみしいの・・・。」
私はおじいさんのちんぽを口に含んで、舌で転がした。

普通の男なら、たとえ勃起してなくても、これだけで大きくなるのに、
いくら舐めてもしごいても、勃起しなかった。


SNSと出会い系のいいところばかりを集約した新しい最先端のコミュニティー
スタートから早々と10万人を突破!!
カスタマーサポートも安心の24時間年中無休での対応です
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2008/10/01(水)   CATEGORY: 官能小説
恋愛サイトランキング
官能小説「中出し女」 2
だって、1千万あったら、デリヘル嬢なんてやめられるもの。

まずは、着ていた服を全部脱いで、若い肢体を惜しげもなくみせつけた。

おじいちゃんのしなびたようなちんぽは、私の裸をみても、ピクリとも動かない。

ゆっくりと抱きついて、おじいちゃんの手をとり、Eカップのおっぱいをさわらせた。

「やわらかくて、すべすべじゃのう。」

しわしわの手でおっぱいをさわられるのはヘンな感触で、すっごく違和感がある。

私のおっぱいをもんで、その気になってきたらしいおじいちゃんは、
乳首をぺろぺろと舐めはじめた。

しがみつくようにされるのがしんどくて、私は感じているフリで、
「お布団に・・・行かせてください。」

とねだってみた。

ふかふかの布団の上に押し倒されて、干からびた手で体中をまさぐられる。

「いやらしい体つきの娘さんだな。

こんなにおっぱいがでかくては、男が寄ってきて大変だろう。」

女性脳の秘密~TheMiiionareErosProject

女性脳の秘密~TheMiiionareErosProject
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 出合のエンジェルおいろけ どっとこむ。おいろけ どっとこむ.oiroke com官能小説. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。